06-6439-0886 お問合せ

自動車整備機器輸入販売 アイペック

自動車整備機器輸入販売 アイペック

連節バス用移動式リフト

連節バス用移動式リフト – RAV241 / 6台セットの概要
設置工事やピット工事は一切不要! リフト1台あたり7tの能力

大量輸送のためのバスとして注目されている連節バス。イタリア Ravaglioli (ラバリオリ)社の移動式リフトは電動スクリュー方式で、タイヤにフォークを差し込むだけで連節バスを簡単にリフトアップすることができます。
連節バスの整備作業に最適な移動式リフトは設置工事やピット工事は一切不要です。
当社は、イタリア RAVAGLIOLI(ラバリオリ)社の移動式整備リフトの輸入発売元となっております。

RAV241用カタログ(PDF)

連節バス用移動式リフト - 特長 -

設置工事、ピット工事は一切不要。3柱リフトやピットリフトよりも安価に導入できます。
イタリア RAVAGLIOLI(ラバリオリ)社の連節バス用移動式リフトは、設置工事・ピット工事が一切不要です。
フロア埋設型の3柱リフトやピットリフトのように土間工事は必要ありません。

設置工事費が掛からない分、導入費用を大幅に削減できます。

ひとりで楽に移動でき、どこでも使用できる
全長が18mもある連節バスは、整備・修理に大きなスペースが必要となり、整備工場の作業効率が悪くなりがちです。
Ravaglioli社の連節バス用移動式整備リフトであれば、平らなコンクリートの上ならどこででも手軽に使用できます。

油圧牽引ジャッキ付なので、作業場所にひとりで簡単に移動することができます。

※ 床コンクリートの厚みは160mm以上必要です。2コラムあたり10t以上の力が加わっても、割れたり沈下しない強度が必要です。

スクリュー方式による高い安全性。6輪で支える優れた安定性。
Ravaglioli社の連節バス用移動式リフトは電動スクリュー方式のため、万が一の場合でも動作が止まるだけで、落下の心配がありません。
6台のリフト間で確実なシンクロ(同期)を行います、PLCプログラミングコントローラーを備えており、リフト間の許容された揚程差を超えた場合に動作を停止させる安全機能を備えています。

上昇/下降には、デッドマンスイッチを採用。スイッチを押している間だけ動作し、離すと停止します。各リフトに非常停止ボタンを装備しています。

連節バス用移動式リフト - 仕様 -

■ 仕様

モデル RAV241(6台接続)
能力 7,000kg×6
揚程 1,760mm
適用タイヤ外径 500~1,200mm
上昇時間(参考値) 約135秒
本体重量 メインコラム480kg サブコラム 460kg
電源 AC200V 3相 / 71A+36A 2口
コラム間接続 ケーブル方式(電源・同調)
移動方式 油圧ジャッキ式

■寸法(mm)

バス・トラック・大型車用移動式リフト 導入事例

大型バス整備工場
工場の敷地が狭く、ピットを掘ることができないので、大型バスを持ち上げられる安全性の高い移動式のリフトを探していた。
このリフトは、場所をとらない点と安全な点が気に入り、導入を決めた。
大型バス塗装工場
大型バスの下回りの防錆処理やアンダーコートを塗装するのにとても便利なので、この移動式リフトを購入した。
以前は、ジャッキで大型バスを持ち上げ、作業者がバスの下にもぐって下回りの塗装をしていたが、危険なことと、ジャッキアップでは塗りきれないところが生じてクレームになることがあったので導入した。
塗装の作業性も向上し、作業者の安全も確保できた。
大型車整備工場
大型車用の埋め込みリフトを検討中にネットで見つけ電話した。
ピットを掘って設置する埋め込みリフトの設備投資に比べ、価格が思っていた以上に安かったのと、作業者が立ったままの姿勢で整備作業ができる点に魅力を感じ、このリフトを購入した。
設置工事が不要で工場内のどこででも使える点が気に入っている。
大型車架装会社
取引先でこのバス、トラック用の移動式整備リフトを導入している会社があり、「とても便利なリフト」という評価だったので導入した。
下回りの架装作業をするのにとても優れたリフトだと思う。
落下の心配も無く、トラックやバス等の大型車両の整備をするには安全性も確かなリフトだと思う。
大型特装車整備工場
大型、中型と車種問わず修理を依頼されるが、作業性の向上と作業者の安全性のためにリフトの導入を検討していた。
ピット式のリフトでは設置場所が限られ、導入コストもかさむので、何かいいリフトは無いかと探していたところ、Ravaglioli(ラバリオリ)の大型バス・トラック用移動式整備リフトの存在を知った。工事不要で導入費用が低く抑えられ満足している。
トラック架装会社
下回りの架装に便利なリフトの導入を検討していたところ、取引のあるバス、トラック製造メーカーでこのリフトが使用されているのを見かけ、紹介してもらった。
四輪をフォークで持ち上げるということは、タイヤが外せないので車検・整備には向かないが、新車の架装の場合は、タイヤを外す工程は無く、むしろタイヤで持ち上げているので下回りの作業をするうえでは、リフトが邪魔にならない。
ピット式だと作業内容によっては無理な姿勢で作業しなくてはならないので、立ったままの姿勢でどこでも作業できるのは安全面を考えてもありがたい。
しかし、何といっても移動式のリフトだというのが便利ですばらしい。

イタリア Ravaglioli(ラバリオリ)社イタリア Ravaglioli(ラバリオリ)社について


イタリア Ravaglioli(ラバリオリ)社は、自動車整備機器産業で世界有数のメーカーです。
特に、リフト製品、自動車検査機器、ホイールアライメントテスター、タイヤ整備機器の分野に強く、各自動車メーカー及びタイヤメーカーから承認を受けた製品を多く生産しています。
1985年に自動車整備工場向けの機器製造から始まり、現在では、一般的な乗用車リフトから、トラックや軍用車などの大型車両に対応したリフト製品のラインナップまで取り揃えています。
ラバリオリ社は乗用車用2柱リフトだけで、全世界へ30万台販売しており、またBMWやメルセデスベンツから承認を受けたリフトを製造しております。これらのことから、リフトの専門メーカーとしての同社の位置付けがご理解頂けると思います。
また、ホイールアライメントテスター等のホイールサービス機器においても、高い専用性を持っており、常に最新の技術を取り入れた製品の供給を行っています。株式会社アイペックは、日本におけるラバリオリ社の輸入元の1社です。