06-6439-0886 お問合せ

自動車整備機器輸入販売 アイペック

自動車整備機器輸入販売 アイペック

フレックスホーン(FLEX-HONE)

あらゆる円筒内のバリ取り、内面研削に最適です!!
フレックスホーンメインイメージ

フレックスホーンロゴ

交差穴バリ取り、面取り、R出し
研削、錆取り、異物除去、研掃
粗仕上、上仕上げ、精密仕上げ

フレックスホーンのサイズ表と販売価格

フレックスホーン(FLEX-HONE)について

フレックホーン作業風景

Flex-Hone®は、米国BRM社の登録商標です。
ナイロンブラシの先端に人工砥粒をボール状に結合させた構造で、円筒内に差し込み、回転させながら、ストロークさせるだけで、研削、バリ取り、仕上げなどを行います。
円筒内を加工するための専用ツールです。

  • 柔軟性に富んだナイロンに砥粒ボールを結合させているため、凹凸のある内面も研削できます。
  • ドリルに取り付けて簡単に作業できます。熟練や経験を必要としません。自動機に取り付けて量産加工も可能です。
  • 交差穴のバリ取りと内面仕上げ、研削とR出しなど、一工程で同時処理することもできます。
  • 回転遠心力により、砥粒が内面形状にならって全体に押しあたるため、自動で芯出しし、真円度も損ねません。
  • 回転数が低く、低温·低圧で作業します。また作業時間も短いため、母材構造に大きな影響を与えません。
  • バリ取りでは、砥粒がバリを削り落とすため、比較的大きなバリも除去できます。二次バリも発生しません。
  • 砥粒度を選択できるため、希望する面粗さに仕上げることができます。粗仕上げから 精密仕上げまで可能です。
3.8mmから914mmまで豊富なサイズを用意しています。
サイズによって型式は、BC・GB・GBD・GBDH・GBDXに分かれます。
フレックスホーンのシャフト軸は、
BC・GB・GBDタイプはスパイラルです。
GBDH・GBDXタイプは丸鉄棒です。

★ 1
砥粒の種類が判るように、砥粒種別マークを付けています。
無印 SC シリコンカーバイド
黒色 AO アルミオキサイド

★ 2
シャフト軸を短くするときは切断します。
延長するときは、パイプを付けて延長します。 (別作)
フレックスホーンの砥粒部の外径寸法は、型式に対して5~10%オーバーサイズになっています。
砥粒種類は、3種類が標準取り扱い品です。
SC (シリコンカーバイド)
AO (アルミオキサイド)
LA (ルビゲートアルミナ)
その他の砥粒については別途申し受けます。

★ 3
枝軸は弾力性のあるナイロン(高密度ファイバーフィラメント)に砥粒を結合しています。

★ 4
砥粒度(グリッド)は
#60·#120·#180·#240·#320·#600·LA(#1000相当)から選択できます。
その他の砥粒度については別途申し受けます。
炭素鋼·鋳鉄·工具用鋼·アルミニウム·ステンレス·硬質材·超合金鋼など、金属·非鉄金属を問わず、幅広い材質にご利用いただけます。
フレックスホーンは砥粒度が一目で判別できるようにシャフト軸先端に色を付けて識別しています。

★ 5

フレックBC 補足説明図

フレックスホーン(FLEX-HONE)の使い方

  • フレックスホーンの選び方」「フレックスホーンサイズ表」をご参照の上、正しく選んでください。
  • フレックスホーンをドリル、ボール盤、旋盤、 マシニングセンタ、ロボットなど、回転する機械に取り付けてください。
    フレックホーン作業風景
  • 推奨回転数は、

    BCタイプ: 300~1200r.p.m.
    GBタイプ:300~900r.p.m.
    GBDタイプ: 225~600r.p.m.
    GBDHタイプ: 125~300r.p.m.
    GBDXタイプ:60~120r.p.m.

    です。実際の回転数は加工目的に合わせて調整してください。バリ取りは遅め、仕上げは速めが推奨されます。
  • 回転は正回転だけでも加工できますが、正回転と逆回転を組み合わせることで、より効果的に仕上がります。
  • 回転と同時に往復ストロークさせてください。
    回転とストローク速度の組み合わせで、クロスハッチパターン角度が決まります。
  • フレックスホーンは、必ず湿式で使用してください。
    被削材の材質や加工目的に合わせて水溶性あるいは油性の研削液をご使用ください。
    あらゆる金属、非鉄金属に使用できる、純正オイルをオプションで用意しています。
    希釈して使用する水溶性研削液もオプションで用意しています。
    フレックホーンオプション
  • フレックスホーンをしばらく使用しない時は、30~40℃の温水の中に入れ、砥粒ボールをブラシなどで清掃し、乾燥させて保管してください。
    清掃の際は、シンナー、ガソリン、洗い油などは使用できません。
    フレックホーン洗浄図
  • 特に寸法公差がシビアな場合や、面粗度を重視する場合は、検査(計測)しながら慎重に作業してください。

フレックスホーン(FLEX-HONE)加工詳細

バリ取り

フレックスホーンは交差穴、複合交差部、キー溝などに生じるバリを残さず除去します。
丸い砥粒ボールが次々に交差穴に入り込んで、えぐるようにバリを削り取ります。
ある程度大きなバリから微細なバリまで除去できます。
微細なバリであれば、細かい砥粒度を選定することで、バリ取りと面粗度を上げる、両方を同時処理することも可能です。

フレックホーンバリ取りフレックホーンバリ取り交換穴のバリ取り詳細図

研削·仕上

フレックスホーンで研削する場合、砥粒度の選定で、粗削りから微細削りまで可能です。
仕上げの場合は、加工前の粗さに対して、パラメータ値をどれ位にされるか考慮して砥粒度を選定します。
加工前の面粗度に対して、およそ1/2の面粗度が目安になります。フレックスホーンは、最終仕上げでご利用いただいています。

研削·仕上表面拡大写真

シリンダー仕上げ(ホーニング)
フレックスホーンは、内燃エンジンをはじめ各種油圧、空圧、水圧機器シリンダーの最終仕上げで素晴らしい効果を発揮します。
シリンダーウォールは、幾何学的に処理され不可欠な無指向性のクロスハッチパターンが形成されます。またシリンダーウォール表面の山頂部は削り取られ、プラト
一仕上げ(高原仕上げ)になります。
これにより従来のホーン加工に比べ、数倍の高密度に仕上げることができます。

    優れた表面処理により、シリンダー性能が向上
  • クロスハッチパターンとプラトー仕上げにより、潤滑油の滞留時間が長くなリます。
  • リングシーリングに優れた効果があり、リングやシールの寿命が延びます。
  • 潤滑油の消費が抑えられます。
  • 燃費が向上します。
  • 製品の寿命を延ばすことができます。

ホーミングシリンダー仕上げクロスパターン形成プラトー仕上

その他の加工

フレックスホーンは、円筒内の錆、付着したスラッジやカーボンなど、異物の除去を目的とした研掃を行うことができます。
また塗装や接着剤を塗布する前の足付け、ハメ合わせ部の調整、段付部のR出し、面取りなど、円筒内の様々な加工を行うことができます。

研掃ハメ合い部加工段付部加工

フレックスホーン(FLEX-HONE)の選び方

加工する被削材の内径、材質、加工目的に合わせて、次の順番で選定してください。
1.型式(サイズ)を決める
①加工する被削材の内径ΦDを計測してください。
②「フレックスホーンサイズ表」を参照し、ΦDにあてはまる適用内径から型式を選んでください。

※適用範囲が2種類あてはまる場合は、数字の大きい方の型式を選びます。
※ フレックスホーンの実際の外径 Φd は、型式に対して 5~10% オーバーサイズになっています。
加工時はナイロンの枝軸がしなって、砥粒ボールを内面全体に押しあてます。

フレックスホーン線定例

上記説明図のΦDが25 mmの場合、フレックスホーン型式 BC-25.4 (適用内径Φ24~27)を選びます。

型式種類:BC / GB / GBD / GBDH / GBDX

2.砥粒の種類を決める
被削材の材質に合わせて選定してください。フレックスホーンの砥粒は、標準取扱品として3種類あります。

標準品
SC シリコンカーバイド 主材は炭化ケイ素、材質が比較的硬いものに推奨(鋳鉄·鋳鋼·ダクタイル·普通炭素鋼·焼入鋼·工具鋼·黄銅等)
AO アルミオキサイド 主材は酸化アルミナ、材質が比較的軟らかいものに推奨 (アルミニウム·ステンレス·真鍮·亜鉛·銅·鉛·その他非鉄金属等)
LA ルビゲートアルミナ 主材は微細酸化アルミナ、主にきめ細かい仕上げに推奨(鉄·非鉄金属のウルトラ仕上げ等)砥粒度は1000番相当のみ

次の5種類の砥粒は特注品として別途申し受けます。

特注品
BC ボロンカーバイド 主材は炭化ホウ素、特殊合金に推奨(高クロムステンレスチタニウム·インコネル·モネル等)
WC タングステンカーバイド タングステンが使われている材料に推奨(タングステン·高炭素鋼·特殊合金等)
Z ジルコニア 酸化アルミナにジルコニアを 25% または 40% 混入させています。(低~中炭素鋼·ステンレス·ダクタイル鋳鉄等)
D ダイヤモンド 超硬材に推奨。メッシュは、170C・200C / 800C / 2500C の3種類(超硬合金·セラミック·シリコン·ダイヤモンド等)
CBN 立方晶窒化ホウ素 超合金や超硬材、難削材に推奨。メッシュは、170C・200C / 800C / 2500C の3種類(高ニッケル合金等)

砥粒種類:SC / AO / LA(#1000)

3.砥粒度を決める
フレックスホーンの砥粒度(グリッド)は、標準品として7種類あります。被削材の加工目的に合わせて選定してください。
各砥粒度は、フレックスホーンのシャフト先端部に色を付けて識別しています。

灰色#60     無色#120     赤色#180     青色#240     白色#180     桃色#600     緑色#1000    
推奨砥粒度 砥粒形状 加工目的
#60・#120・#180 粗い砥粒 大きなバリ取り、錆取り、粗研削、研掃、足付けなど
#240・#320・#600 細かい砥粒 微細バリ取り、ホーニング、研削、仕上げなど
LA (#1000) きめ細かい砥粒 精密仕上げなど

砥粒度:#60 / #120/ #180 / #240 /#320 / #600

※研粒度 #20・#40・#80・#400・#800 は、別途申し受けます。
※サイズや砥粒の種類により、製造できない砥粒度があります。
※LAの砥粒度は#1000のみです。

フレックスホーン(FLEX-HONE)サイズ表

BCタイプフレックスホーンBC
標準タイプのフレックスホーンです。
軸はスパイラル(ねじり棒)です。

型式 適用内径
(mm)
軸径
(mm)
砥粒幅
(mm)
全長
(mm)
BC-4 3.8~4.0 1.4 19 152
BC-4.5 4.0~4.5 1.4 19 152
BC-5 4.5~5.0 2.1 38 203
BC-5.5 5.0~5.5 2.1 38 203
BC-6.4 5.5~6.5 2.8 38 203
BC-7 6.5~7.5 3.3 50 203
BC-8 7.5~8.5 3.7 50 203
BC-9 8.5~9.5 3.7 50 203
BC-10 9.5~10.5 3.7 50 203
BC-11 10.5~11.5 3.7 50 203
BC-12 11.5~12.5 4.3 63 203
BC-12.7 12~13.5 4.3 63 203
BC-14 13~15 4.8 63 203
BC-16 15~17 4.8 63 203
BC-18 17~19 4.8 63 203
BC-19 18~20 4.8 63 203
BC-20 19~21 4.8 63 203
BC-22 21~23 5.6 76 203
BC-23.8 23~25 5.6 76 203
BC-25.4 24~27 5.6 76 203
BC-29 27~30 6.3 76 203
BC-31.8 30~33 6.3 76 203
BC-35 33~36 6.3 76 203
BC-38 36~40 6.3 76 203
BC-41 38~43 6.3 76 203
BC-45 42~46 6.3 76 203
BC-48 45~49 6.3 76 203
BC-51 48~52 6.3 76 203
BC-54 52~55 6.3 76 203
BC-57 53~58 6.3 76 203
BC-60 58~61 6.3 76 203
BC-64 61~65 6.3 76 203
BC-67 64~68 6.3 76 203
BC-70 66~71 6.3 76 203
BC-73 70~75 6.3 76 203
BC-76 72~78 6.3 76 203
BC-4、BC-4.5は砥粒度#60・#120を製造していません。
GBタイプフレックスホーンGB
通り抜け穴用で、軸の先端が出ています。
軸はスパイラルです。

型式 適用内径
(mm)
軸径
(mm)
砥粒幅
(mm)
全長
(mm)
GB-83 79~83 7.8 89 344
GB-89 83~89 7.8 89 344
GB-95 89~95 7.8 89 344
GB-105 95~105 7.8 102 344
GB-118 105~118 7.8 102 344
GBDタイプフレックスホーンGDB
通り抜け穴用で、軸の先端が出ています。
軸はダブルスパイラルです。

型式 適用内径
(mm)
軸径
(mm)
砥粒幅
(mm)
全長
(mm)
GBD-101 95~101 7.9 152 344
GBD-108 101~108 7.9 152 344
GBD-114 108~114 7.9 152 344
GBD-127 114~127 8.9 152 455
GBD-140 127~140 8.9 152 455
GBD-152 140~152 10.7 159 455
GBD-165 152~165 10.7 159 455
GBD-178 165~178 10.7 178 455
GBD-190 178~190 10.7 184 455
GBD-203 190~203 10.7 184 455
GBDHタイプフレックスホーンGDBH
ブラシは円柱ドラムに埋め込んだ構造です。
軸は六角鉄棒で、チャック部分のみ丸棒です。

型式 適用内径
(mm)
軸径
(mm)
砥粒幅
(mm)
全長
(mm)
GBDH-216 203~216 12.7 203 864
GBDH-228 216~228 12.7 203 864
GBDH-241 228~241 12.7 203 864
GBDH-254 241~254 12.7 203 864
GBDH-267 254~267 12.7 229 864
GBDH-280 267~280 12.7 229 864
GBDH-292 280~292 12.7 229 864
GBDH-305 292~305 12.7 229 864
GBDH-318 305~318 16.0 254 864
GBDH-330 318~330 16.0 254 864
GBDH-344 330~344 16.0 254 864
GBDH-355 344~355 16.0 254 864
GBDH-381 355~381 16.0 254 864
GBDH-406 381~406 16.0 305 864
GBDH-432 406~432 16.0 305 864
GBDH-457 432~457 16.0 305 864
GBDXタイプフレックスホーンGDBX
ブラシを埋め込んだ木製版ブロックを円柱ドラムに組み合わせた構造です。
軸は丸鉄棒です。

型式 適用内径
(mm)
軸径
(mm)
砥粒幅
(mm)
全長
(mm)
GBDX-483 457~483 19.0 305 711
GBDX-508 483~508 19.0 305 737
GBDX-533 508~533 19.0 305 762
GBDX-559 533~559 19.0 305 787
GBDX-584 559~584 19.0 305 813
GBDX-610 584~610 19.0 305 838
GBDX-635 610~635 19.0 305 863
GBDX-660 635~660 25.4 305 889
GBDX-686 660~686 25.4 305 927
GBDX-711 686~711 25.4 305 965
GBDX-737 711~737 25.4 305 1000
GBDX-762 737~762 25.4 305 1040
GBDX-787 762~787 31.8 305 1080
GBDX-813 787~813 31.8 305 1117
GBDX-838 813~838 31.8 305 1156
GBDX-864 838~864 31.8 305 1194
GBDX-889 864~889 31.8 305 1232
GBDX-914 889~914 31.8 305 1270
★ GBDXタイプは受注生産のため都度お見積りとなります。
粒度#20/#40/#80/#400/#800はオプションです
フレックスホーンの実際の外径は、型式に対して5~10%オーバーサイズになっています。
商品の性格上、厳格な寸法管理はできません。サイズ表と実際の寸法が異なることがあります。

フレックスホーン(FLEX-HONE)加工例

加工品名 材 質 加工目的 型式・粒度
オートバイ用2サイクル・シリンダー FC ポート部バリ取り、内面研削 BC-70 SC120
シリンダー FC材 タフライト仕上 内面仕上げ、表面ザラ付修正 BC-64 AO240
2サイクルシリンダー
(クロムメッキ付)
FC ポート部30°面取り後R出し BC-51 SC180
カークーラー アルミ製 Φ90内径の内面仕上げ Ra2.5 GB-89 AO240
パワーステアリング
ギヤケース
FCD バリ取り及び内面研削 Ra0.8 BC-70 SC180
マニホールドブロック SS-41 FC-35 バリ取りのみ BC-7 SC180 / BC-11 SC180
マリンエンジン・シリンダー FC クロスハッチ成形 GBDX-584 SC120
バルブロッカーアーム STKM ロッカーアーム、シャフト穴内面研削 BC-20 AO320
大型ヂーゼルエンジン用ピストンピン SNC-21 潜炭焼入Φ12 ピストンピンオイル穴内面粗研削 BC-12.7 AO40(特注品)
ピストン アルミ合金Φ14 ピストン穴内面バリ取り及び仕上研削 BC-14 AO600
特殊バルブガイド(横穴加工有) SS-50 Φ38 内面部バリ取り BC-38 BC60(特注品)
特殊シリンダーライナー(ポート有) FC(BORON含む) ポート部バリ取り、内面研削 GBD-114 SC120
特殊シリンダーΦ180×500mm FC ボーリング加工後、内面仕上げ GBD-178 SC180
油圧バルブスプールボデー FCD-45球状黒鉛鋳鉄 バリ取り、内面研削 BC-18 SC240 /BC22 SC240
各種メーターのアタッチメント 亜鉛ベースダイカスト バリ取り、内面研削 BC-7 AO240
熱交換器 SUS 内面カーボンの付着の除去 各種寸法あり SC240
原子力発電装置の熱交換器 SUS 放射能物質の除去 BC-18 WC060(特注品)
ゴルフクラブのシャフトとヘッドの結合 合金鋼パイプ 内面Φ8.5、 Φ9.0ヘッドに接着させるための粗加工 BC-9 AO60
ラインフィルター FC、FCD Φ70 内面研掃、鋳肌部の研磨粉除去 BC-70 SC120
オイルクーラー FC、FCD Φ109.3 冷却部内面研掃 GBD-108 SC120
小型草刈機エンジン・シリンダー 硬質クロームメッキ バリ取り、メッキ表面のバラ付コブ取り BC-25.4 SC240 /仕上AO320
船外機エンジン アルミ製シリンダー内部FC鋳込 クロスハッチ成形、バリ取り、内面仕上 BC-64 SC180
魚群探知機シリンダー アルミ製ポート穴12ヵ所 内径Φ114、Φ108、Φ100三段の仕上げ、バリ取り GBD-114 AO240
エアーコンプレッサー二段式 FC Φ82 Φ46.5 オーバーホールの際のシリンダー内面研削、研掃 GB-83 SC180 /BC45 SC180
油圧モーター 鉄糸焼結金属 ステーター部ブローチ加工後、ウルトラ仕上 BC-22 AO320
小型冷蔵庫(DC12V電源) FC-30 Φ11 コンプレッサー内面研削、仕上り粗さ Ra0.4 BC-11 SC240 / BC-11 SC320
空圧式リベッター アルミ鋳物 内面仕上及びポートのバリ取り BC-51 AO240
クーラーアキュムレーター FC 内面のサビ取り GBD-114 SC180
楽器·フルート 銀(純度900) ハメ合部分、内面粗加工、バリ取り BC-18 AO320/ BC-20 AO320
猟銃 SCM Φ19 レシーバー部の複合、バリ取り BC-19 AO180
プラスチック押出機シリンダー内研掃 室化銅 シリンダー内プラスチックの汚れ、カジリ等の研掃 GB-89 AO180
鉄道用ベアリング·ハウジング FC ハウジング内面研掃 GBDH-292 SC180
発泡スチロール加工機 砲金 Φ25 内面研掃、スクラッチ取り BC-25.4 AO320
心電図測定器 SS一部 BS Φ24.5 内面研掃 BC-25.4 AO320
油圧ジャッキ SS Φ80 油圧シリンダー内面サビ除去、研掃 GB-83 AO180
酪農·食品工業用サニタリー管 SUS, SANITARYTUBING チューブ内面研削、仕上り粗さ#300 GBD-152 AO320
双眼鏡·鏡胴部 アルミニウム引抜機 カム溝のバリ取り、バイト目研削、Φ26他 BC-25.4 AO320
コンロッド小端部 黄銅 内径の仕上り精度誤差修正 BC-20 SC320
アーバー S-50C 内面研削、Ra4.8→Ra1.6に改善 BC-10 AO240
ルームクーラーエバポレーター STKM パイプ内脱酸後のサビ止剤除去 BC-70 AO20(特注品)
カメラ鏡胴部 アルミニウム引抜機 カム溝のバリ取り、R出し、内面バイト目研削 BC-41 AO600 / BC-51 AO600
カーボンベアリング 純カーボン 99% 内面ポリッシユ、内径Φ16、乾式(ドライ)研削 BC-16 AO600
特殊配管用パイプ(内面樹脂コート) STKM 内面に樹脂をコートするために、内面をあらす BC-29~GBDH-344 各AO60
24割コレット SCM-3 割カッターのバリ取り、入口部R出しΦ8、内部Φ10 BC-8 AO120 / BC-10 AO180

フレックスホーン(FLEX-HONE)Q&A

どのように選定すればいいですか?
被削材の穴径で型式が決まります。型式は BC・GB・GBD・GBDH・GBDX にサイズを加えます。次に被削材の材質に合わせて砥粒の種類(SC AO)を決めます。
最後に加工目的に合わせて砥粒度(#60·#120・#180・#240・#320・#600・LA)を決めます。型式·砥粒種類·砥粒度の三点は必須です。
何に取り付けて使用するのですか?
簡単に使用する場合は、ドリルに取り付けて使用できます。
量産加工では、ボール盤、旋盤、マシニングセンタ、ロボットなど自動機に取り付けるのが一般的です。手作業では使用できません。
真円度は損ないませんか?
円筒内面全体に砥粒が次々に押しあたるため、芯出しが容易で真円度は損ねません。加工前形状にならいます。
削り過ぎる心配はありませんか?
研削代はおよそ数ミクロンのオーダーです。砥粒度の選定、被削材の硬度、加工条件などで研削代は変わります。
被削材が柔らかい材質の時や、公差がシビアな場合は、計測しながら慎重に作業してください。
面粗度は悪くなりませんか?
砥粒度の選定ができるため、面粗度は上げることができます。
例えばバリ取りと同時に面粗度も必要な場合は、粗めの砥粒度でバリを除去した後に、細かい砥粒度で仕上げる方法を取ります。
微細なバリでは、同時処理も可能です。
寿命はどれくらいですか?
お答えすることが難しいご質問です。
寿命はフレックスホーンのサイズや砥粒度、被削材の硬度や加工条件など、様々な要素で変わります。特にバリ取りでは、バリの大きさで寿命は大きく変わります。
どんなバリも除去できますか?
ドリル、リーマー、エンドミルなど、刃物で切削した際に生じるバリは、ある程度の大きさまで除去できます。
極端なカエリや、チューブカッター、鋳造などの加工で、押し出されて生じたメクレは除去できません。溶接ビードも除去できません
寸法精度は出せますか?
フレックスホーンは、円筒内のバリ取りや研削など、表面処理を行うためのツールです。そのため、フレックスホーン自体で厳格な寸法精度のご要求にお答えすることはできません。
フレックスホーンは単純な構造のため、寸法については計測側しながら作業してください。
百分代の研削はできますか?
粗めの砥粒度を使用しても、ある程度研削していくと面は徐々にきれいになり、それ以上研削できなくなります。百分代の研削は不向きです。
鏡面仕上げもできますか?
旧 JIS による鏡面仕上げ(▽▽▽▽)のことであれば可能です。面粗度ではなく、外観を鏡(ミラー仕上げ)にすることであれば、表面には砥石目が付きます。
フレックスホーンでバフ仕上げはできません。
曲がったパイプや円筒内以外も加工できますか?
ストレートの円筒内専用です。エルボーやS字管は加工できません。回転させながら出し入れする必要があるからです。
楕円や四角穴、平面に押しあてて使用することもできません。極端な段差のある内面や底部など、砥粒があたらない部分は加工できません。
ナットの中やネジ山にも使用できますか?
ネジ部にあるバリは、砥粒があたらないと加工できません。また、ネジ山をつぶす恐れがあるため不向きです。
シャフトは延長できますか?丸棒に変更できますか?
パイプを取り付けて延長します。ご希望のパイプ外径や長さをご指示いただければ別作できます。丸棒仕様になります
フレックスホーンの特注品は別作できますか?
砥粒部の外径を指定したり、砥粒部の幅を延長したりすることかできます。またテーバー状にする、2種類の外径で段付きにするなどの例があります。
シャフトを逆ねじりにすることもできます。ただし BC-4 より小径は別作できません。特注品については別途ご相談ください。
研削液は何を使えばいいですか?乾式では使用できませんか?
クーラントは洗浄性、冷却性の高いソリューブルタイプが推奨されます。
切削油はホーニングオイル、スピンドル油などです。発火性のあるものや可燃性のある溶剤、シンナー、洗い油などは使用できません。
乾式で使用すると砥粒に目詰まりを起こすため、使用後直ぐに砥粒表面をワイヤブラシなどで清掃する必要があります。
乾式では、研削力を落とし、潤滑·冷却·洗浄などが得られないため、仕上がりが悪く、寿命が短くなる恐れがあります。
穴の中に入れても入らないのですが?
フレックスホーン砥粒部の外径は、穴径よりもオーバーサイズのため、静止状態ではきつくて入りません。
適用内径が合致していれば、機械で回転させながら挿入することで簡単に入ります。